Menu

会社ぐるみの研修が必要

社内

レベルに合った研修を選ぶ

近年、日本への観光客数は上昇の一途をたどっています。日本に来る観光客のことをインバウンドと呼びます。インバウンド数の上昇は日本経済にも大きく関係してくるため、近年では注目されています。インバウンドの増加により様々なジャンルの需要が増加することが見込まれており、それに向けた対策が必要となってきています。特に世界共通語としての英語対策は一つのポイントとなるでしょう。アジア人観光客も多いのですが、共通語として英語を話せる人も多いので、まず行うべきは英語対策でしょう。インバウンドに向けた英語対策は、会社ぐるみで行うのがおすすめです。従業員個々の意識に任せては能力にばらつきがでますし、偏りが出ることも想像されます。よい機会ととらえて体系だてた研修を行うとよいでしょう。特に観光業や宿泊施設などの手厚いおもてなしが売りのサービスでは必要性が高いです。こうしたサービス業では伝わればよいわけでなく、意味などをくめるレベルまで研修を行う必要があり、求められるレベルは高めです。百円ショップやリサイクルショップ、家電量販店などのインバウンドに人気の小売業や飲食店も必要性は高めでしょう。こうした会社ではそこまで高いレベルの接客は必要ないことも多く、翻訳文が掲示してあったり、すぐ手に取れる位置にあったりすれば問題ないことも多いです。バイト中心の場合は研修費用の方がかさむこともありえるのでバランスを考えて取り入れるべきでしょう。

Copyright© 2018 インバウンド研修を受けて英語をマスターする! 【国籍も多様化】 All Rights Reserved.