Menu

従業員の本音を知るために

パソコンを操作する人

職場環境改善で収益向上へ

離職率の低下や働きやすい職場づくり、モチベーションをアップさせて生産性や業務効率を上げて会社の収益や売上を伸ばしたいといった場合に利用される手段の1つが社員満足度の調査です。社員は雇用され給与を受け取る立場にあるため、基本的にリストラされたり、減給や左遷や希望に合わない人事異動や転勤などを畏れており、不満や問題を抱えていても本音を会社には言わないことが少なくありません。本音が言えない代わりに我慢の限界が来て離職したり、うつ病になったり、モチベーションが低下して怠慢や生産性が低下するなど、会社にとっても社員にとってもよくない状況が生じます。その防止や改善のために社員満足調査を行いたいと考えても、会社の実施法によってはやはり本音が引き出せません。いかに社員満足調査の結果は人事評価に利用することはない、個人が特定されない形で行うとアピールしても、たとえば、記述方式で意見を直接記入する欄があれば、筆跡でバレるのではと思われたり、人数が少ない部署や個々に上司に提出するスタイルになっていると誰が提出したかが直ぐに分かり、不利益に扱われるのではと考えて会社への不満や上司への不満、抱えている問題があっても言えない状態になってしまいます。本音を引き出すためには社員満足度調査会社やサービスを活用するのも1つの方法で、インターネットを利用したアンケートの実施や、選択肢を選択するだけで自ら意見を記入させることなく効果的な多数の質問から社員満足を分析することができます。

Copyright© 2018 インバウンド研修を受けて英語をマスターする! 【国籍も多様化】 All Rights Reserved.