Menu

距離感を保った保険営業

男性と女性

距離感を保った保険営業

個人向けの保険を勧める営業のコツはお客との距離を一定に保つことです。具体的に言うと、特定の保険への加入を勧めすぎないことです。加入させることだけに目を奪われてしまう営業マンもいますが、保険は当然本人の必要とされる保証をすることが目的です。会社の入り口などに立ち、手当たり次第に声をかけるといった営業は特に印象がよくありません。現在の加入状況の見直しによってよりお得に保険契約ができることをアドバイスする形でクライアントからの信頼をまず得ることが営業のコツと言えます。特に一般人は漠然と保険に加入してしまい、重複した契約や過剰な保証内容など無駄となるものに気付いていないことがあります。こうした点をどう見直せば適正な保証となるかを説明するのが効果的です。さらに営業のコツとしておすすめなのは自分自身をブランド化するということです。つまりファイナンシャルプランナーなどの資格を保有し、専門的な知識を保有しているという肩書を武器にします。話に信憑性があるかというところをクライアントは勿論気にしますが、接触が浅い営業マンには資格という肩書は印象がよくなります。こうした関係の中からもしも要望に当てはまる保険があれば話の流れの中から自然と勧めることができます。そして加入させて終わりではなく年単位や生活の変化があるタイミングで都度、内容をチェックしてあげることで疎遠にならず、契約更新に繋げられますし、新たなお客の紹介など新規の営業のコツにもなります。

Copyright© 2018 インバウンド研修を受けて英語をマスターする! 【国籍も多様化】 All Rights Reserved.