Menu

パソコンを操作する人

従業員の本音を知るために

社員満足度調査を実施するうえで気をつけたいのは、調査の方法によっては社員の本音が引き出せず、職場改善や離職の防止、モチベーションアップなどに繋げられないことです。調査会社など第三者機関を利用し、インターネットアンケートや選択するだけの簡単調査で的確な分析をするのがおすすめです。

男性と女性

距離感を保った保険営業

個人向け保険の営業のコツはお客との距離を一定に保つことです。無理な加入を勧めるのではなく相手の要望する保険の説明や現在の加入状況の見直しなどを、専門資格に基づいた知識からアドバイスし、その流れで自分の扱う商品を提示していくことです。また契約以降のチェックも欠かさずお客との距離を保つことが重要です。

ウーマン

実績に基づき責任を付与

マネージャーへと段階的にステップアップできるキャリアプランを提示し、誰もにチャンスを与えることで、昇給や昇格の道を開いて個々のスタッフの仕事へのモチベーションアップを図るとともに、職場のモチベーションアップを牽引できる人材の育成にも繋げられます。

社内

会社ぐるみの研修が必要

インバウンドとは訪日観光客のことをさし、近年は増加の一途をたどっています。インバウンドが利用する施設やサービスでは英語対策が急務となっており、会社ぐるみでの研修が求められています。必要なレベルは差があるので必要なレベルを見定めて研修を選びましょう。

PCを操作する人

人口減社会の企業戦略

人材の確保が困難な現代、数よりも質を高めようと社員満足度のアップに注力する企業が増えています。社員満足を高めるには、給与面はもちろんのこと、上司との関係、研修制度の充実などがポイントとなります。また社員の家族も大事にすることも社員満足に影響します。

社員のスキルアップ

オフィス

人気のあるプログラム

都市部に加えて地方でも外国人観光客が増えており、ホテルやデパートなどで働く人にとっては、語学力を身に着けることが緊急の課題です。特にグローバルな共通語として話す人が多いために、英語にターゲットを絞って、社員向けに研修を行うケースが一般的です。地元の語学スクールで英会話を学ぶ方法もありますが、インバウンドについての知識が豊富な、コンサルティング会社を活用するのが理想的です。数多くの研修実績があるコンサルティング会社は、オーダーメイドのインバウンド研修のプログラムを提案してくれるので、従業員も効率的に英語を学べるでしょう。デパートなどの販売の現場では、英語を話すシーンは限られており、接客で使う代表的なフレーズにターゲットを絞るのがポイントです。しかしホテルや旅館で宿泊するインバウンド客のニーズは多様であり、窓口や電話での応対に必要な表現を、体系的に学ぶべきでしょう。また来日する人の国籍も多様化しており、インバウンド客を受け入れるための語学研修で、英語に加えて複数の言語を学ぶのが静かなブームです。10種類以上の言語に対応している業者を活用すると、現場で役立つ外国語の会話力も、着実に身に着けられるでしょう。一方で語学力を高めるだけではなくて、世界の様々な人々の文化や歴史などについても、幅広く学ぶ姿勢が肝心です。航空会社などでの経験が豊富な人を講師に指名して、少人数制でじっくりと学ぶのが、仕事に活かせる技能をマスターする最善の方法です。

Copyright© 2018 インバウンド研修を受けて英語をマスターする! 【国籍も多様化】 All Rights Reserved.